老いや死

人は必ず老いて死を迎えます。

死を迎えることは何も悲しいことばかりではないのです。その人が今まで生きていたというあかし、その最後の晴れ舞台が葬式だと言えるでしょう。

その舞台を用意し、弔うのが遺族の勤め。死者の最後をあたたかく見届けてあげたいものですね。

PRサイト